×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。





『ハイドアウトとレッドアイ』



きしゃばのバー、ハイドアウトに飲みに行くようになったのは
もう何年前だろう。

当時、僕は、
そのBarの、目の前に住んでおり、

近い、安い、そして

素っ気ない、打ちっぱなしの店に、
たまに飲みに行った。

よく一緒に行ったのは、
ギター仲間であり、友人である先輩H氏

また、この人が近所で、
ハイドアウトの数階上に、住んでいたものだから
タチが悪い。

連れ立っては、よく行った。

そのときハマっていたものが、

レッドアイ

である。

何のことは無い。

ビールと、トマトジュースを
5:5で
そそいだものである。

おつまみはやはり、

フラれた話だろう。

これほど痛くて、面白い話は無い。

片方は痛い、片方は、それが、可笑しくてしょうがない。

それが、最高のアテである。

その、飲み会に限って言うならば

上手くいっている話など、なんのアテにもならない。

片方はシアワセで、しょうがないが、
片方は、指をくわえて聞くしかないのだから。

少なくとも、男同士の
お酒のアテにはふさわしくない。

時にはうらやましがり、時には、笑いながら
ついつい夜が更けていった。

しかし、

人間、好きになればなるほど、
おかしなことを言ったり
おかしなことをしてみたり

真面目にやればやるほど
滑稽でトンチンカンである。

そして、明日また会おう

と言って、補償されてなどいない明日の
約束をして

店を後にする。

朝起きた時に、生ビール3杯と
焼酎2杯と
レッドアイ2杯の

二日酔いに悩まされるとも知らず。

まったく、たいしたブルースである。

さて、次の一杯目のレッドアイは、
いったい、どんな味がするのだろうか。

出来れば苦味が少なめであることを

今は、願うしかできないが。






戻る