×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。




ライブギャラリー
〜噴火日当日の風景〜

2007.12.20(木)
クリスマスライブ at キャパルボホール
 
 Main Act KOSHA BAND



この日は、リハーサルに全員揃うかどうかが、危ういということで、
先に開場入りし、音を作ってみた。
左は、柿テレ、右は、最近購入した、

アミスター社の、ドブロ(リゾネーター)ギター。

アンプは、お馴染み、後輩のマエダ君のフェンダー借りっぱなし、笑。
(今彼は、東京なのだ。)

その後、ジュンジュン氏、ホンダ氏、モリ氏、到着。

この日ゲストの、ブルースハープ、コータローさん(フロム〜MOJO〜おつかれさまでした。)到着。
リハーサルを、出来たのは、良かった。

ちなみに、モリ氏は、早く到着できる予定だったらしいが、

の詰め物が取れて、さらに、その歯医者さんで、
ムシ歯が、発見されたため、
本人予測より、遅くなったらしい。

648!!恐るべし!!(ムシバ・・・ね。)



番スタート。

1、2曲目は、緊張がフロントまで伝わってくる。
我々も、まだ、若いなあ、と
高校球児のような、気持ちになる。(予想でしかないけれど、笑)

はら節、Tore Downと続く。

Five Long Yearsを、初お披露目。

5年尽くして、フラれる曲は、
妙に、熱が、入るのは、

メンバーみんなの失恋経験が、渾然一体となり、
Bluesを叫ぶから?

その後、
ドブロでの、Mustang Sally

キラキラのBodyで、お客様に、反射攻撃。

演奏より、喜ばれた気がするのは、気のせい、であろうか?

考案者は、打田十◎夫氏、
ちなみに、氏は、演奏も、攻撃も素晴らしい。
改めて、敬意を表したい。

そして、

『がっつい』

みんな、歌ってくている。

ほんに、がっつい、お客さまが、
ずんばい声をだして、くいやった。

あいがとさげも〜す。


終盤は、ポンポコリン

ラストは、Sweet Home Chicago

3連フレーズを、嵐のようにかき鳴らしたが、

まだまだ、エルモアや、フレディーや、Shun様のようには、
いかないが、

ブルームに、愛を込めて
バンドの、精一杯を、お送りしました。

そして、



終演後の、打ち上げは、KOSHA BANDと合同。
映像で、演奏チェック。

たまに、酔いがさめる場面に遭遇する。ひやっ、とね。

カメラは、嘘をつかないのね。

豚しゃぶで、おつかれさま。

裂しました、ナイススマイル!!のモリ氏、

お肉を入れるのに真剣な、ジュンジュン氏。

そして、

語るホンダ氏、



ここに、カミノ氏が、いないのはたいへん残念だが、
メンバーは、また、ひとつのステージを、越えた。

今後も、ステージと、打ち上げ、ビッグに、いきたいものだ。
次は、カミノ氏も、共に!!

ちなみに

左は、KOSHA BANDのギタリスト、お◎た課長
真ん中、ドラマー、の◎ち主任

お二人とも、カッコいいプレーヤー。
そして、尊敬する先輩方。

気負わない二人は、鹿児島の音楽シーンを牽引してきたレジェンドだと思う。

ただ、ここは、ク◎スかと、錯覚するテーブルであった、笑。

『ク◎スか!!』

と今年風、突っ込み。
来年は、きっと、このツッコミは、通用しまい。

打ち上げは、1時まで、続いた。

これが、連日続けば、

ホテルのテレビをプールに投げる
(グレートボーカリスト、ポール◎ジャース曰く)

ような、
そんな、人間になるか、

流行のメタボリ◎クになるか、

どちらかだろう。

酒は、呑んでも〜、呑まれるな。

カミノBlogの字が、頭をよぎる。

この日のライブも、また、

たくさんの笑顔と、生きた言葉をいただいた。

ライブは、それが、あるから、やめられない。

ソリン高いご時勢で、省エネ、エコドライブな世の中だが、

サクラジマブルースバンドは、

今からも、

アクセルを、ベタ踏みし、

みんなの、笑顔を乗せて走ろう。

時代遅れ、上等である。

燃費は悪いが、出し惜しみは、これからもしない。

さあ、次のドライブも、一緒に、いかが!!

あっためとくぜい!!



トップページへ戻る