×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。




3月2日(日)Rising Shun Tour'08 鹿児島コロネット

春先の大旋風だ〜。



まずは、気になる方も多かろうセットリストを大公開!!

Set 1
1, When You feel lonely E♭
2, The Stumble E
3, Look Out Baby A
4, Chicago Midnight Am
5, Tore down (Haru, Vo) C
6, Hoochie coochie man (Haru, Vo) A
7, Five long years (Haru, Vo)  A
8, Little by little G

Set 2
9, Let's jam D
10, I'll play the blues for you Gm
11, The Sky is crying Cm
12, Old Soul G
13, Everyday I have the blues A
14, Thrill is gone (Haru, Vo) Bm
15, Mojo workin (Haru, Vo) E
16, Going Down E
アンコール, Sweet Home Chicago E

この日は、Shun氏は、3時ごろ会場入り、セッティング完了してリハ開始が、4時ごろ、
当然、メンバーは、ガチガチ、笑。

でもShun氏は、優しく、本番中のダイナミクスをコンロトールする
ブロックサイン等を教えてくれました。

盗塁のサインとか・・・(?笑)

さて開演時間7時、本番スタートです。



Rising Shun収録のWhen You Feel Lonelyの、熱唱からスタート。
この曲のリフは、ホント、カッコ良いよね〜。
1stセットから、Shun氏は、ガンガン弾いてくれました。
とにかく、すごく艶があって、綺麗な音なのにビックリしました。



コール&レスポンスにも快く応じてくださるShun氏。
お客席に分け入ったり、一緒に歌ったり、
パフォーマンスも面白かったですね〜。
バーカウンターの中へも突入されました。



ハープで参加のコータローさんも、熱演でした。
ご参加はキャパルボ、よかセンター、コロネットで、3回目、今後ともよろしくお願いしま〜す。



アンコールでは、今回のツアーに同行されたまっつん君も
セッションに参加、
曲は、もちろん
Sweet Home Chicagoです。



メンバーみな、予期せぬところで、ソロが回ってきたり、リハと違ったパートをその場で、考えたり、
Keyチェンジにも対応して、気合で乗り切りました。
年末からのリハも功を奏したかな。

今後は、コレがベーシックになるから楽しみだね。

ホンダ氏は、いつになく慎重だったですね、Shun氏から直々に伝授を受けて素晴らしいことです。
ジュン氏は、リハが大変でしたが、本番で集中しました。素直に、吸収するって大事だね。

リズム隊は、ほんとたいへんだったと思うけど、デカい山を登りきりましたね〜。

モリさんは、フレーズがリハごとに進化しました。そうね〜まさに、変化であり、進化ですよ。
カミノは、ヴォリュームコントロール、バッキング、膨大なフレーズの耳コピーをやりきりました。筋力がついた。



そして大団円っと。

この後の打ち上げで、食べた、鳥のレバさしが最高に美味しかったです。
さつま挙げや、鶏飯も美味しかった。

次の日、Shun氏とまっつん君は、
鹿児島のお醤油を、いたく気に入られ
たくさん買って帰られました。

お店の人に、業者さんに間違われそうでした、笑。

本当に素敵な時間を下さった
ビッグギタリスト

Mr.Shun菊田氏
と、
連れてきてくださったまっつんくん。


そして、来てくださったお客さんに、
めちゃくちゃ感謝しております。
本当にありがとう。

また、将来のShun氏の来鹿も楽しみですね!!




トップページへ戻る