×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。





☆シカゴ見聞録☆

2nd day
その@

この日は、5時半に起きてしまった。
zo-3で、つかの間の落ち着いたギター遊び。
こういう時間も、旅の間には、貴重だったりする。

7時に、鹿児島から一緒に行った、H氏と、近所のスーパーに入り少し買い物、
夜食にカップラーメンを買ったのだが、実は、日本のマ○ちゃん(株)のモノであった。

その後、朝食を取った。
H氏は、シカゴが、マクドナ○ド発祥の地だと、おっしゃって、
マ○ドナルドを、懸命に探すも、見つからず、結局、ス○ーバックスへ。

実は成田でも、スタバであった。
ヒネリが皆無である。

10時に、ホテルのロビーに集合。
ツアーのメンバーで、シカゴ市内の、アート巡り。

街中に、シャガール、ピカソ、ミロ、ガルーダ、と高名なアーティストのオブジェが並ぶ。
警備員など居ない。触って体感することも出来る。
アートが日常で、羨ましい。

あまりに日常過ぎて、
ガルーダの『フラミンゴ』という巨大なオブジェには、

ホウキ

が、立てかけてあった。こらこら、アートに何してくれてんの〜。



でも、僕のこの模写よりは、失礼でないだろう。

ちなみに、これは、

ミロの彫刻『シカゴ』

である。シカゴの女性を表わしたらしい。
ホンモノは、傑作である。

その後、自由行動ということで、H氏の行きたかった、ユニオンステーションへ、
映画『アンタッチャブル』の、ベビーカーのシーンの、階段である。

僕は、誰も居ない階段を、激写また、激写。
ミーハーも、ココまで来れば、なかなか凄い。

その後、僕がどうしても行きたかった、ギターセンターへ、
シカゴの、楽器やさんといえば、ギターセンター。
鹿児島といえば、十字屋である。
(宣伝したので、きっと何か、貰えるであろう。)



ギターセンターは、やはり、広く、
床から天井まで、ギター、ベース、アンプ、ドラム、キーボード、等
様々なものがある。ウクレレは、数本しかなかったけれど。

僕は、そこで、気の良い店員さんから借りたケーブルを手に
軽く仕切られた、フェンダールームに突入。
一番高そうな、カスタムショップ製のストラトキャスターを、好きなアンプにつないで弾いた。

ここは天国だな〜。

テレキャスターも、あるぞ。
これも、これも、と弾いているうちに、H氏とセッションになり、ギターセンターを満喫。
とても、楽しかった。

でも買ったのは、弦と、本だけ。ごめんなさい。

本を1冊、買うのにえらい時間がかかった、
まったくもってイングリッシュは、ディフィカルトである。

続き


シカゴ見聞録、目次へ


トップへ