×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。




☆シカゴ見聞録☆

3rd day
そのA



この日の昼メシは、ステーキサンド、わりとコンパクトサイズで、
日本人でも、胸焼けしそうになかったので、良かった。

添乗員さんと、会場で会って、
『コレ美味しいよ。』
教えてもらいました。いやはや、いろいろお世話になりました。

その後、M氏と、フェス会場の全体のゲートそばの、
ストリートパフォーマーコーナー(上の写真ね)に、行って、
即席ストリートミュージシャンユニットを結成。
演奏を楽しんできました。



僕は、鹿児島から持参したzo−3で、
M氏は、S氏に、菊田氏サイン入りギターを、借りました。
ギターセンターで買った、ケーブル&ミニアンプは、このセッションの、為です。

1時間半くらいはやっていたかな〜。

結構、みんな話しかけてくれたり、一緒に歌ってくれたり、
笑顔で、聴いてくれると、とても嬉しいのは、日本もアメリカも、
鹿児島も、シカゴも一緒ですね。

たまに、二人を誘惑しようとする黒人女性が怖かったり、
宗教的ビラを渡されたりしましたが、

ゲートの外とはいえ、ブルースフェスがある日に、
その会場近くで、演奏が出来ることは、とても嬉しいことでした。

この日は、ギターケースに、

3ドルのチップが入り、

M氏と、分けました。

この1ドル札を、僕は忘れないでしょう。

スリルイズゴーンを歌ってくれた、年配の黒人女性のことも。

そして、いつか、きっとゲートをくぐって、
ステージで、演奏するぞ、とそう思った。

もはや真夏のような、昼下がりでした。

・・・でも、まだ、シカゴの夜へと続くのです。

シャワーを浴びて、続きます。

続き


シカゴ見聞録、目次へ


トップへ