×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。




☆シカゴ見聞録☆

4th day
その@

さて、もう半年前になる旅行記を書こうというのは、無謀かもしれないが、

読んでくださっている変わり者の読者諸氏
そして、自分のために、

このPC上のツアーを、完結に向かって、記そうと思う。

久々にその時に、書いたメモを見た。



Shun菊田を、鹿児島へ。・・・・・呼び捨てである、笑。

この頃から、いつかそういう日が来れば良いと、思っていたようだ。

もう、あと少し。

このメモが、現実になる日は、そこまで来ている。

不思議なことも、あるものである。



4日目、この日は、もう菊田氏は、ガイドを離れたので、会う事はできない。
ブルースフェスに向かって、移動中だったであろうか。

まだ聞きたいことは、たくさん有ったのだが、
気を取り直して、計画を立てる。

自由行動の時間は、ほぼ全部自分で、タイムスケジュールを立てる。
見たいライブや、したいことが、多すぎるので、
ポイントを押さえるためである。

この日の最初の予定は、

バディーガイズレジェンドでの、ストリートである。
連日なので、

ランチの準備をするコック氏も
『なんだ、昨日のヤツか。』
と言った風情である。

そして、数曲を演奏したら、
サングラスの白人男性が、近づいて来た。

『ちょっとギターを弾かせてくれよ。』

zo-3が、珍しかったせいもあるらしい。
しぶしぶと、手渡すと、

聞き覚えのあるハードロックのリフが、飛び出してくる。



マイケルシェンカーじゃないか!!

で、ひとしきり二人でギターを渡し、渡され
交互に好きな曲を、演奏した。

で、写真を撮り合う時、
僕は、ジミヘンになってみた。



男性、苦笑である。

この男性の名前は、ダニエル、地元でバンドをしているとのこと。

ダニエル曰く
『ギターが増えすぎて、家族に怒られるんだよ。』

と、どこの国でも、ギター弾きは、家をギターだらけにしないと気がすまないらしい。
これは、ギタリスト共通のブルースである、と確信した朝であった。

立てた計画は、こうやって狂っていくのだが、
これも楽しいものである。

でも、すっかりペースは乱され、腹も減ったので、笑
レジェンドの近くのカフェへ。

さあ、朝メシ、朝メシ

あ〜、そろそろ、コメ食いてぇよぉ〜と、

もうこの時すでに、根っからの、日本人であることを確認していた。

でも、今日は、エルモアJrがフェスにでるもんね〜。
見逃してなるものか!!

続き


シカゴ見聞録、目次へ


トップへ