×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。




☆シカゴ見聞録☆

4th day
そのA

ということで、ギブソンステージ。



このステージを、数回見てみると、

やはり、ギブソン関係のミュージシャンが出演ということだろう
整った演奏が多いなという印象を受けた。

今日のお目当ては、エルモアJr

怒涛のスライドギターを武器にした、エルモアジェイムスの息子
(だと思う・・・お弟子さんかな?)

なのだが、ちょっとマッタリしたステージであった。

その頃の僕は、もっと躍動感のあるものを求めていたので、

Dust My Bloomを、聴いて移動した。


エルモアジェイムス本人だったら、多分かぶりつきに陣取っていたに違いない。

最もライブが見たい故人ベスト5には、絶対入る人なのである。

エルモア、フレディーキング、アルバートキング、ジミヘンドリクス、スティービーレイヴォーン、・・・

まだまだ、出てきそうだが、幽霊は、怖いので、ここら辺で止めておこう。

その後は、ふらっとフェス会場内を移動。

怒涛のドラムソロが聞こえてきたので、

お〜っ!!別ステージに駆け寄ると



キッズじゃ〜ないですか!!
バンドのアラは、目立ったけど、上手いんだ、この子。

ステージ終了後。

『クールな、ドラムだったよ。』(伝わったかは不明、笑)

というと、

『ありがとう。君もバンドしてるの?』

と話をしていたら、

ママさんが、来て彼を連れて行きました。

いったい、何歳だったのだろう?アメリカすげ〜な。

こちらも、負けちゃ〜おれん。ダレている場合じゃない。

よっしゃ、オレもライブだ〜。

ふつふつと、やる気をみなぎらせ、

と、その後、また、ストリートパフォーマーエリアへ。

こうなりゃ、やるしかないぜ〜。

続き


シカゴ見聞録、目次へ


トップへ